ワイヤレスIoTプランナー検定 必要な知識レベル

目的

「ワイヤレスIoTプランナー」検定は企業、自治体、諸団体などの各職場でDX推進に向けIoT活用を進める中核リーダのための資格制度です。

検定を通してIoT技術的知識とビジネス知識を習得し、それぞれの部署においてIoT導入の企画、運用の実務を推進して職場の主役になっていただきます。

必要とする知識レベル

資格の種類 必要とするレベル 適用可能な実務レベル
基礎 IoT利活用するためのビジネス知識
IoTシステムに関する技術基礎知識等の理解
IoTを利活用するための基礎的な知識を習得し、IoTシステム構築業者やコンサルタントとの意思疎通がスムーズに行えることができます。また自らIoTシステムを計画し構築運用する場合一定レベルの対応(導入の始動)を行うとこができます。

認定

IoTシステム利活用のための導入企画、運用実務などの推進に取り組める基礎知識を保持していることを認定。

ワイヤレスIoTプランナー検定 CBT[基礎]実施要項

試験概要

試験時間:60分


試験問題:4者択一(60問)※CBT方式

※CBT(Computer Based Testing)とは、
  試験に関係するすべてのプロセスをコンピュータ化するサービスのことです。
  受検者はコンピュータに表示された試験問題に、マウスやキーボードを使って解答します。

このページのTOPへ