会長挨拶

進化するワイヤレステクノロジーで最先端DXソリューションを追求し
市場のDX推進に貢献してまいります

5Gの発展とモバイル情報端末(スマートフォン、IoTエッジ端末、ウェアラブル端末など)の多様化、IoTシステムの進化、ビッグデータ処理・AI活用の充実によりモバイルテクノロジーはDX社会を創造するキーテクノロジーとしてますます重要になってきました。MCPCはさらに便利で豊かな社会(SDGs、Society 5.0)の実現に向けて、モバイルテクノロジーの利活用の拡大のための技術活動、普及啓発活動、人材の育成に取り組んでいます。

MCPC会長
安田 靖彦
東京大学名誉教授
早稲田大学名誉教授

設立

1997年(平成9年) 6月30日

目的

2030年代に向けてMCPCは、各分野(生活・産業・医療・教育など)での効率的、効果的なモバイル/IoT/AIの利活用により、DXを推進し、社会発展に貢献することを目指します。具体的には製造業、流通業、農業/漁業、教育、自動運転(MaaS、空飛ぶ車、ドローン)、見守りロボット、遠隔診療/手術、バーチャル・リアルの融合など、様々な分野でDXの適応に向けて最新技術テクノロジー適応と人材の育成を促進します。また社会や時代に合った目標(SDGs・新型コロナウイルス対策など)を達成するために、モバイル/IoT/AIの技術の標準化、普及促進、人材育成等の活動を拡大してまいります。政府関係、関連団体(WiFiアライアンス、USBフォーラム、Bluetooth SIGなど)、駐日各国大使館などと連携を図りながら、モバイルの利活用、IoT/AIによるDX市場の形成と拡大、利用高度化に努めます。

活動組織

組織と分担

MCPCの歩み

1997年(平成9年)

5 月
発起人会開催:副会長会社をNTT移動通信網株式会社(当時)、マイクロソフト株式会社、株式会社東芝、三菱電機株式会社の4社とし、「モバイルコンピューティング推進コンソーシアム」の発足を正式に承認
事務局を東京都港区芝公園3-5-12真田ビルに設置
会員企業数33社、事務局員2名でスタート

6 月
6月30日設立

一覧

ページの先頭へ