IoTエンジニアのための検定試験

IoTシステム技術検定 基礎検定資格と必要な知識レベル

目的

IoTシステム構築・活用に関する基礎知識を中心に、その習熟度を検定することで、IoTシステムに取り組む技術者の対応力向上。

認定

IoTに関する基礎知識を保持していることを認定。

出題カテゴリ

出題比率

このページのTOPへ

必要とする知識レベル

資格の種類 必要とするレベル 適用可能な実務レベル
基礎 IoTに関する基礎知識の理解
IoT、BD(ビッグデータ)、AI(人工知能)
IoT構成要素の基本的な用語を理解し、一般的なoT関連の書籍を読解できます。また、セミナーに参加可能な専門用語と基本的な構成データの流れ蓄積分析がわかります。
詳細はテキスト参照

受検対象者

どなたでもお申込いただけます。

システムインテグレーションの基礎知識を有し、IoTシステムを構築・活用するため基本的かつ実践的な技術知識の習得を目指す方。

対象としては、IT/ICT業界はもとより、環境エネルギー、運輸交通・自動車、社会インフラ公共設備、製造業、農業、流通業(小売り)、医療ヘルスケア、建設・保全(家屋、ビル)、自然環境(天気、防災等)、サービス業(メディア)などシステム構築に関係するすべての技術者。

このページのTOPへ