IoTエンジニアのための検定試験

IoTシステム技術検定 中級検定資格と必要な知識レベル

目的

IoTシステム構築・活用に関する知識を中心に、その習熟度を検定することで、IoTシステム構築に関係する技術者の対応力向上。

認定

IoTシステム構築に取り組めるための基本的かつ実践的な技術を認定。

出題カテゴリと出題比率(%)

出題比率

このページのTOPへ

必要とする知識レベル

資格の種類 必要とするレベル 適用可能な実務レベル
中級 IoTシステムを構成する基本技術習得
@IoTシステム構成と構築技術
Aセンサ/アクチュエータ技術と通信方式
BIoTデータ活用技術
CIoT情報セキュリティ対策技術
DIoTシステムのプロトタイピング技術
IoTシステム全体を俯瞰することができ顧客の要求または提案の要点を的確に把握でき、システム構成の概要が描けます。
詳細はテキスト参照

受検対象者

どなたでもお申込いただけます。

システムインテグレーションの基礎知識を有し、IoTシステムを構築・活用するため基本的かつ実践的な技術知識の習得を目指す方。

対象としては、IT/ICT業界はもとより、環境エネルギー、運輸交通・自動車、社会インフラ公共設備、製造業、農業、流通業(小売り)、医療ヘルスケア、建設・保全(家屋、ビル)、自然環境(天気、防災等)、サービス業(メディア)などシステム構築に関係するすべての技術者。

このページのTOPへ