• HOME
  •  > 
  • MCPCの検定
  •  > 
  • スマートフォン・モバイル実務検定申込サイトTOP
検定 スマートフォン・モバイル実務検定申込サイト
総務省後援 消費者保護のための資格制度

スマートフォン・モバイル実務検定 受検要項

実施日 第18回
2016年7月25日(月)
〜8月12日(金)
試験形式 ◆CBT方式(コンピュータによる試験)

CBT(Computer Based Testing)とは
試験に関係するすべて のプロセスを
コンピュータ化するサービスのことです。
受検者はコンピュータに表示された試験問題に、マウスや キーボードを使って解答します。
開催場所 受検会場一覧をご覧ください。 受検料 8,600円(税込)
試験問題 4者択一形式 問題数 60問
試験内容 モバイル基礎テキスト第5版を中心に販売員としての営業知識
より出題
申込期間 2016年5月30日(月)〜7月21日(木)
このページのTOPへ

スマートフォン・モバイル実務検定の位置付け

スマートフォン・モバイル実務検定の位置付け

検定の内容(検定の出題範囲)

このページのTOPへ

受検資格と必要な知識レベル

目的

携帯電話サービス等の販売に消費者(ユーザー)保護の観点から通信にかかわる基礎知識・法知識を習得する

認定

携帯電話サービス等の販売員または携わることを予定する者が、業務上の基礎知識を有していることを認定

受検資格

満16歳以上であれば、どなたでも受検いただけます。

受検対象者

  • スマートフォン等のモバイル端末の販売員(説明員、アドバイザー)
  • 人材派遣会社登録者
  • 消費者相談窓口の相談員
  • 大学・短大・専門学校の情報・通信関連学科の学生
  • IT・モバイル関連企業の非技術系社員等

認定した能力の継続的な確保

合格された方で「スマートフォン・ケータイアドバイザーカード」を申請された方は、2年間有効となります。

取得後2年を経過されますと更新手続きが必要となります。

特別会場について

スマートフォン・モバイル実務検定はCBT方式の為、オープン会場のご利用をおすすめします。
特別会場設置の際には、PC環境や試験監督の設置等諸条件が必要となります。
検定事務局までメールにてご相談ください。

このページのTOPへ