IoTシステム技術検定試験とは

ビジネスイノベーションを推進するIoTシステム技術検定試験

IoTシステム技術検定は、IoTが産業と社会に新たなイノベーションをもたらすことが期待されるなか、IoTビジネスに関わる方々を対象に設けられた制度です。IoTシステムの企画、構築、活用、運用改善をより効果的、効率的に行い更に高付加価値化の創造を生み出すために必要となる基本知識を習得していただくこと、更にこの分野における優れた技術者として活躍していただくことを狙いとしています。検定は基礎、中級、上級の3段階レベルで認定します。


IoTシステム技術検定の位置付け

このページのTOPへ

IoTシステム技術検定受検資格と必要な知識レベル

目的

IoTシステム構築・活用に関する知識を中心に、その習熟度を検定することで、IoTシステム構築に関係する技術者の対応力向上

認定

上級

IoTプロフェッショナル

・高度なIoTシステム、業界固有または業界をまたがるサービスを構築する実践的な専門技術を認定

中級

IoTエキスパート

・IoTシステム構築に取り組むための基本技術を認定

基礎

IoTアドバイザ

・IoTに関する基礎知識を保持していることを認定

必要とするレベル、実務の適応

資格の種類 必要とするレベル 適用可能な実務レベル
上級
(IoTプロフェッショナル)
IoTのシステム構築・活用に関する、より実践的な専門技術 IoTシステムについて顧客の要求を理解し、課題の整理のうえ、システムの企画、計画し戦略的提案をおこないます。また、IoTシステム構築のリーダとして活動できます。
中級
(IoTエキスパート)
IoTシステムを構成する基本技術習得
@IoTシステム構成と構築技術
Aセンサ/アクチュエータ技術と通信方式
BIoTデータ活用技術
CIoT情報セキュリティ対策技術
DIoTシステムのプロトタイピング技術
IoTシステム全体を俯瞰することができ顧客の要求または提案の要点を的確に把握でき、システム構成の概要が描けます。
基礎
(IoTアドバイザ)
IoTに関する基礎知識の理解 IoT構成要素の基本的な用語を理解し、一般的なIoT関連の書籍を読解できます。また、セミナーに参加可能な専門用語と基本的な構成データの流れ、蓄積分析が分かります。
このページのTOPへ