HOME > スマートフォン推進委員会トップ

スマートフォン推進委員会

スマートフォンはいまや携帯電話の中核商品になってきましたが、それだけでなく、IT産業においても、スマートフォンの位置づけが高くなりつつあります。WEBサービス、アプリケーション、クラウドなどのITサービスもスマートフォン抜きには語れません。またスマートフォン端末を構成する部品(液晶パネル、撮影素子、リチウムイオン電池、電子コンパス、フラッシュメモリ等)も高性能な日本の製品が数多く使われるなど、電子産業への影響も多大なものがあります。

スマートフォン推進委員会は、このような重要な位置づけとなりつつあるスマートフォンの普及促進、導入促進を図り、スマートフォンが社会の様々なシーンで活用されることを支援するために設置されています(設置は2008年4月)。

委員会には、市場啓発ワーキンググループと導入構築ワーキンググループがあり、活動を行っています。市場啓発ワーキンググループでは、スマートフォン導入予定ユーザ、スマートフォン関連ビジネスを行うベンダーの事業計画、マーケティングを支援するため、市場調査等にもとづくスマートフォン市場の分析や中期予測を行っております。導入構築ワーキンググループでは、スマートフォン導入予定ユーザへの導入支援、アプリケーション開発ベンダーへの開発支援を目的に、各種ガイドラインの策定等を行っております。

スマートフォンの定義

仕様が公開された汎用的なOSを搭載し、利用者が自由にアプリケーションを追加して機能拡張やカスタマイズできる携帯電話およびPHS

メンバー

ソフトバンクモバイル()、日本マイクロソフト()、アイコン、伊藤忠テクノソリューションズ、インテル、ウィルコム、エス・ケイ、NECカシオモバイルコミュニケーションズ、NTTアドバンステクノロジ、NTTドコモ、沖電気工業、カシオ計算機、クアルコムジャパン、KDDI、サムソン電子、シーイーシー、シマンテック、シャープ、ジャパン21、東芝、東芝ソリューション、トレンドマイクロ、ノキア・ジャパン、日立製作所、富士ソフト、富士通、ベーステクノロジー、マカフィー、三菱総合研究所、ユナイテッドコミュニケーションサービス、ユニアデックス、リックテレコム
合計32社 :委員長 :副委員長

主な成果

2012年4月       「スマートフォンをビジネスでセキュアに使うために」発表 (PDF 2,723KB)
      (技術委員会アプリケーションワーキンググループ 企画・編集)
2012年4月       「スマートフォンが拓く未来と導入の手引き」発表 (PDF 2,652KB)
2011年11月       「スマートフォン/タブレット中期市場予測」発表 (PDF 994KB)
2010年11月       「スマートフォン/タブレットPC市場の中期予測」発表
         講演資料 (PDF 1,444KB)
         報道発表資料資料 (PDF 5,059KB)
2010年07月       「スマートフォン導入構築ガイド」第2版発表 (PDF 807KB)
2010年03月       「スマートフォン導入構築ガイド」発表 (PDF 715KB)
2009年03月       「スマートフォン市場の中期予測」発表 (PDF 596KB)

▲PAGE TOP