MCPCの検定とは···

世界(IEEE)が認めたMCPC技術検定

モバイルシステム技術検定は、モバイル分野、IT分野の広い知識を習得していることを認定します。モバイルシステム技術者検定は、ITシステムエンジニア、コンサルタント、IT企業のセールスエンジニアまたは、営業担当者、企業の情報システム担当者といったIT関連業務に従事される方々を対象者として設けられた制度です。
モバイルシステムを構成する技術要素として、移動体通信、モバイル端末、モバイル関連ミドルウェア及びシステムソフト、モバイルコンテンツ及びアプリケーションに関する技術などを取り上げています。
本検定は、今後モバイルシステムに業務として携わる方々に、これらの技術を理解し、モバイルシステムの提案、構築、運用改善をより効果的、効率的に行うために必要となる技術知識・情報を習得していただくこと、さらにこの分野における優れた技術者として活躍していただくことを狙いとしています。

MCPCモバイルシステム技術検定との位置付け

総務省後援 消費者保護のための資格制度

スマートフォン等のモバイル端末の販売においてはそれぞれの基礎知識に加えて、サービスや緊急時の対応など様々な事柄を理解している必要があります。このことは、スマートフォン等のモバイル端末という個人に密着し、公共性も高い商品・サービス群を販売する以上、さけては通れないものです。「MCPCスマートフォン・モバイル実務検定」では消費者保護の観点から、その施策や対応について習得します。

このページのTOPへ

シニアモバイルシステムコンサルタント(SMC)の概要

SMC資格認定プログラムに従い、1級資格取得後、MCPCが主催する2日間の 「シニアモバイルシステムコンサルタント研修」 (事例研究等)に参加、小論文に合格した方にSMC資格(合格証)が付与されるます。


  • SMC資格更新を希望する者は、SMC資格更新プログラムに基づき、所定の期間内に研修受講やその他の定められた更新申請作業、手続きをとる必要があります。
  •                                 
  • なお、SMC資格認定及び更新プログラムの詳細については、「シニアモバイルシステムコンサルタント(SMC)」のページをご覧下さい。
  • また、スキルアップポイントは認定番号とメールアドレスをご用意の上、こちらからログインして更新を行って下さい。
このページのTOPへ

モバイルシステム技術検定試験(1級・2級)の概要

従来、通信関連、コンピュータシステム関連技術が各々独立しているかのようにシステム提案、構築、運用が行われてきましたが、これはそれぞれの生い立ちに起因しているもので、利用者からは必ずしも整合性の取れたシステムが提供された訳ではありませんでした。
MCPCによるモバイルシステム技術検定制度の発足により、モバイルシステムの提案、構築、運用のために必要となる知識とそのレベルを明示することによって、IT関連技術者の学習意欲の喚起を行い、その学習成果を検定(試験)により測定することが可能となります。
1級検定試験は科目合格制を採用しており、「ネットワーク」「端末・アプリケーション」「モバイルシステム」の3科目の試験全てに合格することが、検定1級資格認定の条件となります。
2級はどなたでも受検可能です。

このページのTOPへ

モバイル技術基礎検定の概要

スマートフォン等のモバイル端末に関する技術の基礎知識について試験(検定)します。
上位検定2級試験の登竜門としてモバイル技術を基礎から学ぶ方々の目標ライセンスとなります。
モバイル関連企業に携わる非技術系の社員、学生にもお薦めの資格です。

このページのTOPへ

スマートフォン・モバイル実務検定試験の概要

ケータイの基礎知識と消費者保護

スマートフォン等のモバイル端末は、個人の生活に密着したツールとして市場に定着しました。この間、各移動体通信事業者、端末メーカーは利用者の利便性をより高めるためにさまざまな機能やサービスを提供してきました。この流れが、我国を世界トップクラスのモバイル端末利用国に押し上げたのは事実です。一方、利用者から見たとき、各種のサービスや端末機能が複雑化・多様化しており、全体を正しく理解し、モバイル端末や通信サービスを適切に選択することが困難な状況にあるとの指摘もあります。
スマートフォン等のモバイル端末販売においてはそれぞれの基礎知識に加えて、サービスや緊急時の対応など様々な事柄を理解している必要があります。このことは、スマートフォンはじめとし、モバイル端末という個人に密着し、公共性も高い商品・サービス群を販売する以上、さけては通れないものです。「MCPCスマートフォン・モバイル実務検定」では消費者保護の観点から、その施策や対応について習得します。

このページのTOPへ